私が制作している作品のモチーフとしているキャラクターは、手塚治虫をはじめ様々な日本の漫画家がウォルトディズニーから影響を受けたキャラクター作りを私が再構築し作り出したコモンイメージとしてのキャラクターです。

手塚治虫はミッキーマウスを数多く模写し、自身の作品にも登場させた他、ウォルトディズニーが原作を手がけたバンビなども漫画化しています。

そしてウォルトディズニーは日本の漫画のみならず、アンディウォーホルやキースヘリングをはじめポップアートにも影響を与えており、私の作り出すキャラクターもまたポップアートでもモチーフにされた大量生産されたコミックからインスピレーションを受けています。

キャラクターは私によって書き順を与えられることで記号化され、その反復される筆記の中で保存と変化のプロセスはコマ撮りのように多数の作品として定着します。

つまりこれを見ることで鑑賞者が記憶にあるキャラクターと私の作品との差異を見ることになり鑑賞者側の記憶を参照にし、作品を強度のある絵画として再構成されます。

私は鑑賞者に作品と記憶との差異の中で鑑賞者の記憶から喚起され、しかし記憶にはないキャラクターを作品を見る度に、思い出し再構成させるプロセスで作品と鑑賞者との結びつきを、そして同じようにキャラクターに対して「分からない」「なんだこれは」という感情をもった鑑賞者と鑑賞者の結びつきを強くする装置として表現し、

そしてそれを美術品としてだけではなく、記録媒体としての側面を持った肖像画として一人の生きた人間の記録として制作しています。

作品と鑑賞者、鑑賞者と鑑賞者の結びつきを強くするということは、作品の前で鑑賞者は知らず知らずのうちに様々なバイアスから解放され「全ての生き物は一つである」という「禅」の思想に鑑賞者を巻き込むこと、そして「ポップアート」と「禅」という異なる思想を重ね合わせ再構成することで新たなムーブメントが生まれるのではないかと私は考えています。


-------

The character that is the motif of the work I am making is a character as a common image created by reconstructing a character influenced by Walt Disney by Japanese manga artists such as Osamu Tezuka.

Osamu Tezuka made many copies of Mickey Mouse and made them appear in his work, and made a cartoon of Bambi written by Walt Disney.

And Walt Disney influenced not only Japanese manga, but also pop art such as Andy Warhol and Keith Haring. The characters I create are inspired by mass-produced comics, which are also pop art motifs. received.

The character is symbolized by my stroke order, and in its repetitive writing, the process of preservation and change is established in many works like time-lapse.

In other words, by seeing this, the viewer understands the difference between the character in his memory and my work, and reconstructs the work as a powerful painting with reference to the viewer's memory.

The difference between the work and the memory is inspired by the viewer's memory, but every time I see a character I don't remember, I remember and reconstruct the connection between the work and the viewer. Similarly, it is expressed as a device that strengthens the connection between viewers who have the feelings of "I don't know" and "What is this?"

And I make it not only as a work of art, but also as a portrait of a living human being with an aspect as a recording medium.

Strengthening the ties between the work and the viewer, and between the viewer and the viewer means that the viewer is unknowingly freed from various prejudices in front of the work and says, "All living things are one." To do. I think that a new movement will be born by involving the viewer in the idea of ​​" and reconstructing it by superimposing different ideas of "pop art" and "Zen".


1979年大阪生まれ、

嵯峨美術短期大学、大阪総合デザイン専門学校卒業


2015年 なりゆきサーカス企画「赤い糸展」阪急うめだスーク

2016年 公募「chaos drawing」展 アトリエ三月

2016年 公募展 三月の会 「yayoi」 アトリエ三月

2016年 個展「みえないが、たしかにそこにいる。」アトリエ三月

2016年 アートストリーム2016 ■奨励賞 ■Links賞受賞

2017 年 個展「drawing EXHIBITION」アトリエ三月

2017 年 グループ展「えがく展」ondo STAY&EXHIBITION

2017 年 グループ展「ポートフォリオ展」アトリエ三月

2017年 グループ展「石フェス」アトリエ三月

2017年 アートストリーム2017

2017年 UNKNOWN ASIA ■Reviewer平野新賞受賞

2017年 個展「はじまりのおわり」LINLOW

2018年 Infinity Japan Contemporary Art Show 2018 台北

2018年 グループ展「Arata Pendants Vol.5」クリエイティブセンター大阪

2018年 SPIRAL INDEPENDENT CREATORS FESTIVAL19 スパイラル

2018年 個展「線」samplus TAIPEI 台湾

2019年 個展「意識的無意識的な反復」オソブランコ

2019年 個展「Stusy for NULL」gekilin./大阪

I2019年 nfinity Japan Contemporary Art Show 2019/台北

2019年 Group exhibition「NOVA」/ギャラリーTY韓国

2019年 Gyeongnam International Art Fair 2019/韓国

2019年 企画グループ展「20page vol.1」gekilin./大阪

2020年  第15回TAGBOAT AWARD

2020年 個展「Stusy for NULL #002」gekilin./大阪

2021年  Art Fair Tokyo 2021 YOD editions/東京

2021年  whereabouts in TOKYO アトリエ三月/東京

2021年  NICE GUYS LIVE FOREVER  mosseyart/ロンドン


受賞歴

・TAGBOAT AWARD 審査員特別賞 徳光健治賞受賞/2020

・第34回チェルシー国際ファインアートコンペティション 審査員特別賞受賞/ニューヨーク/2019

・UNKNOWN ASIA Reviewer平野新賞受賞/大阪/2017

・アートストリーム  奨励賞 /Links賞受賞/大阪/2016




-------

1979 - Born in Osaka Japan,

Graduated from Saga Art College, Graduated from Osaka Sogo College of Design


■ Exhibitions

2015 - Nariyuki Circus 「Red String Exhibition」 Hankyu Used スーク

2016 - Open Exhibition 「chaos drawing」 Atelier Sangatsu

2016 - Open Exhibition 「yayoi」 Atelier Sangatsu

2016 - Solo Exhibition 「 I can’t see it, but it is definitely over there」Atelier Sangatsu

2016 - Art Stream 2016 ■Honorable Mention ■Links Prize

2017 - Solo Exhibition 「drawing EXHIBITION」 Atelier Sangatsu

2017 - Open Exhibition 「“egaku” exhibition」 ondo STAY&EXHIBITION

2017 - Open Exhibition「Portfolio Exhibition 」Atelier Sangatsu

2017 - Open Exhibition「Ishi-Fes」Atelier Sangatsu

2017 - Art Stream 2017

2017 - UNKNOWN ASIA ■Reviewer Arata Hirano Prize

2017 - Solo Exhibition「End of Beginning」

2018 - Infinity Japan Contemporary Art Show 2018 Royal Nikko Taipei-Taiwan

2018 - Open Exhibition「Arata Pendants Vol.5」Creative Center Osaka

2018 - SPIRAL INDEPENDENT CREATORS FESTIVAL19 SPIRAL-TOKYO

2018 - Solo Exhibition「Line」samplus Taipei Taiwan

2019 - Solo Exhibition「Consciously unconscious repetition」osoblanco

2019 - Solo Exhibition「Study for NULL」gekilin.

2019 - Infinity Japan Contemporary Art Show 2019/ Taipei-Taiwan

2019 - Group exhibition「NOVA」/Gallery TY- Korea

2019 - Gyeongnam International Art Fair 2019- Korea

2020 - Group exhibition「20page vol.1」gekilin.-Osaka

2020 - 15Th TAGBOAT AWARD ■Special Jury Prize Kenji Tokumitsu Prize

2020- Solo Exhibition「Study for NULL #002」gekilin.

2021   Art Fair Tokyo 2021 YOD editions/TOKYO

2021- Group exhibition    whereabouts in TOKYO Atelier Sangatsu/TOKYO

2021- Group exhibition   NICE GUYS LIVE FOREVER  mosseyart/LONDON


Awards

2020 TAGBOAT AWARD2020 ■Special Jury Prize Kenji Tokumitsu Prize

2019 The 34th Chelsea International Fine Art Competition  ■Honorable Mention

2017 UNKNOWN ASIA  ■Reviewer Arata Hirano Prize

2016 Art Stream     ■Honorable Mention ■LinksGallery Prize